辰口自動車販売(株)ホーム 特選情報 辰口自動車販売(株)TM事業 辰口自動車販売(株)保険 辰口自動車販売(株)ロードサービス 辰口自動車販売(株)鈑金整備 辰口自動車販売(株)レンタカー 辰口自動車販売(株)会社概要 店舗情報 お問い合せ

2018年

6月

16日

【全社】このしるしの意味は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 問題です。

上の画像にある、

車のメーターパネルの赤丸で囲まれたしるしの意味は何でしょう?

 

 

 

 

 

 

  ↓

 

 

  答えは、給油口が車のどちらに設置されているかのしるしです。

 

 普段利用していない代車やレンタカー利用時に給油しようとして、「あれ給油口ってどっち?」と迷ったことってありませんか。

 例えば、給油口のレバーを先に引いて給油口の位置を探す、停車中にドアを開いて「こっちかな?」って確認したことってありませんか。

 

実はガソリンメーターのしるしの向き側に給油口が設置されているんです。左側にしるしがついていれば左側、右側にしるしがついていれば右側に給油口があります。ご自身のお車でも、確認してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

辰口自動車販売(株)・TMコーポレーションは24時間365日お客様をサポートいたします‼ 

2018年

4月

14日

【全社】自動車保険はいってますか?

車の任意保険は車を乗るうえでとても重要な保険であり、任意ではありますが多くの方が加入しています。しかし、任意保険に加入していない無保険車も意外に多いようです。

 

任意保険とは?


車の保険は、強制保管(自賠責)と任意保険に分けられます。強制保険とも言われる自賠責保険は、公道で使用するすべての自動車に加入が義務となっており、未加入の場合は車検を受けることもできません。一方、任意保険の加入は、ドライバーの判断に委ねられます。

ただし自賠責保険は、対人賠償だけを対象にしたもので、対物は補償されませんし、保険金額も、障害の場合120万円まで、死亡の場合は3,000万円まで、後遺障害は4,000万円までが限度額となっており、一般的にはそれだけの金額では十分な補償にならないといわれます。


自分自身や対物も含め、そういった不足を補ってくれるものが任意保険というわけです。任意保険なら、対人や対物に対して無制限の補償が選択できるほか、人身傷害や車両保険など自分自身の補償もしてくれるのが大きなポイントです。

たとえば、自賠責保険にしか入っていないドライバーが死亡事故を起こして、1億円の補償をすることになれば、自賠責保険の死亡の補償は3,000万円までなので、残りの7,000万円は自己負担ということになります。この不足分をカバーしてくれるものが、任意保険です。

年齢条件やプランによっては年間で10万円を超えることもある任意保険ですが、万がいちのことを考えれば決して高くはない出費のはずです。

無保険車は1/4以上?

自賠責では足りないぶんを補ってくれる任意保険ですが、2015年度のデータでは日本全国の任意保険加入率は、約74%。じつに、1/4以上の車両が任意保険未加入で走行していることになります。

そのすべての人たちが、億単位の補償が必要になっても自腹で支払いができるということではないはず。車の購入費用や月々の支払いが多くて、任意保険に加入できる経済力がないという人もいるかもしれません。

あなたが事故の被害者で任意保険に加入していても、相手に支払い能力がなければ、充分な補償を受けることができません。


加害者が任意保険未加入だった場合にどうする?

事故の加害者が任意保険未加入のドライバーだった場合、なにかと面倒です。任意保険未加入というのは、経済的な問題はもちろん、保険会社から契約引き受け拒否になっている人なども含まれており、賠償請求は難しくなります。

ただし、事故発生時に相手が任意保険に加入しているのかを確認する術はありません。自己防衛手段としても、必ず警察に届け出を行い、相手の連絡先や保険会社、証券番号をその場で確認しましょう。

それでも相手は保険に加入していないことには変わらないので、交渉は困難をともなうことが予想されます。そういった問題を解決する保険として「無保険車障害保険」が用意されています。

無保険車と事故にあったら?

無保険車障害保険(無保険車障害特約)は、任意保険に入っていない車と事故に遭った場合に、保険会社が費用を負担してくれるというものです。また、相手の補償金額が低く設定されていて十分な支払いが得られない場合などでも利用できます。

限度額は自分が設定している対人賠償保険と同じ金額になります。ただし、無保険車障害保険が適用されるのは死亡もしくは後遺障害を負った場合のみで、けがや傷害は補償されません。

この特約は相手が自賠責保険、任意保険のどちらに加入していない場合でも使用することができる頼もしい補償です。


被害者、加害者、関係なく、事故には会いたくないものです。しかし万がいちのために、任意保険は絶対に必要です。いい車に乗りたいからといって見栄を張って保険に入れないよりも、毎日安心して乗れることの方が大切だと思いませんか?


辰口自動車販売(株)・TMコーポレーションは24時間365日お客様をサポートいたします

2018年

4月

07日

【全社】海外旅行でレンタカーを借りたい

海外旅行の際、タクシーやバスで移動することが、多いと思います。しかし、ご自身で自動車を運転して移動することは、慣れない交通事情で苦労がある反面、新しい発見があるのではないでしょうか?

海外でレンタカーを借りるには、国際免許が必要ですが、どのように取得すれば良いのでしょうか?

国際免許とは?

 国際免許(国際運転免許証)とは、所持する運転免許証が有効な国や地域以外で運転を可能にする運転免許証のことです。

道路交通法では、公安委員会が発行した日本の運転免許証を元に発行される「国外運転免許証」、外国の運転免許証を元に発行される「国際運転免許証」、外国の運転免許証に日本語訳を添付した「外国運転免許証」の3種類の国際免許が存在します。

呼び方が違うのは道交法内での区別のためで、我々が取得できる「国外運転免許証」の、表記は『国際運転免許証』になっています。

では、そんな国際免許はどうやって取るのでしょうか?


日本人が海外で運転するには?

日本人が国外で運転する場合、『国際運転免許証』で運転できる国は、おもにジュネーブ条約加盟国に限られます。この加盟国以外でも、国際運転免許証で運転できる国はありますが、多くの非加盟国では別途手続きが必要になります。

以下のジュネーブ条約を批准している国や地域では、国際運転免許証で運転が可能です。

■アジア

フィリピン、インド、タイ、バングラデシュ、マレーシア、シンガポール、スリランカ、カンボジア、ラオス人民共和国、大韓民国

■中近東

トルコ、イスラエル、シリア、キプロス、ヨルダン、レバノン、アラブ首長国連邦

■アフリカ

南アフリカ、中央アフリカ共和国、エジプト、ガーナ、アルジェリア、モロッコ、ボツワナ、コンゴ民主共和国、コンゴ、ベナン、コートジボワール、レソト、マダガスカル、マラウイ、マリ、ニジェール、ルワンダ、セネガル、シエラ・レオネ、トーゴ、チュニジア、ウガンダ、ジンバブエ、ナミビア、ブルキナファソ、ナイジェリア

■ヨーロッパ

英国、ギリシャ、ノルウェー、デンマーク、スウェーデン、オランダ、フランス、イタリア、ロシア連邦、セルビア、モンテネグロ、スペイン王国、フィンランド、ポルトガル、オーストリア、ベルギー、ポーランド、アイルランド、ハンガリー、ルーマニア、アイスランド、ブルガリア、マルタ、アルバニア、ルクセンブルク、モナコ、サンマリノ、バチカン、キルギスタン、ジョージア、チェコ共和国、スロバキア、スロベニア

■北中南米

アメリカ合衆国、カナダ、ペルー、キューバ、エクアドル、アルゼンチン、チリ、パラグアイ、バルバドス、ドミニカ共和国、グアテマラ、ハイチ、トリニダード・トバゴ、ベネズエラ、ジャマイカ

■オセアニア

ニュージーランド、フィジー、オーストラリア、パプアニューギニア

■行政区域

香港、マカオ

中国で運転するには、日本国内で有効な運転免許証を元に中国国内で通用する運転免許証を取得(パソコンによる学科試験や身体検査などが行われます)する必要があります。手続き方法は省や市により異なっていますので、所轄の通管理部門に問い合わせが必要です。

ただし、文化の大きく異なる中国でみずから運転する日本人は少ないらしく、大使館でも中国語が堪能で駐在経験が豊富な方以外には勧めていません。

一方で、同じ中国でも国際運転免許証で運転できる地域もあります。それは台湾です。

台湾は日本国内で有効な運転免許証と中国語訳(またはパスポート)を所持することで運転が可能です。

また、香港やマカオは、ジュネーブ条約加盟地域として認められており、国際運転免許証が有効です。

ベルギーとドイツは、ジュネーブ条約に加盟していないものの、日本の国際免許証で運転が可能になります。またドイツでは、有効な日本の運転免許証に在外公館等発行の翻訳証明を携帯することでも運転が可能となります。

スイスは、日本の運転免許証で運転が可能とされていますが、警察などが日本語を解さないため、国際運転免許証や翻訳証明の携行が推奨されています。

国外免許証の取得方法

国際運転免許証は、日本人が多く訪れる国や地域で有効なので、海外旅行の際に取得しておくとかなり便利ですね。

 申請する窓口は、各都道府県の免許センターや指定警察署です。必要な書類は、現在有効な運転免許証、所定の写真、渡航証明書(パスポート)などと、手数料です。手数料は、各都道府県によって違うので、確認してください。 

適性検査や試験などはなく、手続きだけで国際運転免許証を取得でき、有効期間は1年となっています。有効期限の過ぎた国際運転免許証を返納しないと新しい国際運転免許証が取得できない場合もあるので、古い免許証はきちんと返納しましょう。

また、国際運転免許証のもととなった国内の運転免許がなんらかの理由により失効、また取り消された場合は、国際運転免許証も効力を失うので、注意が必要です。

 


辰口自動車販売(株)・TMコーポレーションは24時間365日お客様をサポートいたします

2018年

3月

31日

【全社】日常点検

無用なトラブルを避けるには日常点検が肝心

ドライバー自身の日常的な点検が必要なのはエンジンルーム内だけじゃありません。運転席まわりで確認すべきこと、車外を見渡して確認すべきこともあります。


運転席に座ったままでもチェックできること

 


運転席に座ったら、まずアクセサリー電源をオンにし、ライトやウインカーが正しく点灯するかを確認。ウインカーやヘッドライトなど切れたまま走行していると整備不良になってしまうので注意が必要です。ストップランプやバックランプなどは、家族や友人に見てもらったり、給油時にチェックしてもらってください。また、警告灯がついていないかなどもチェックしましょう。さらに、ワイパーなどのレバーを操作して、正しく動作するかをチェックします。また、ウォッシャー液がしっかり噴射するかも確認しておくと良いでしょう。ウォッシャー液の出が悪いときは、液の不足やノズルの詰まりが考えられます。液が足りないなら補充を、ノズルの詰まりは安全ピンなどの細い針で詰まりを除去しましょう。


続いてパーキングブレーキ。パッドの残量が減ったりワイヤーが伸びたりすることで引きしろが変化します。パーキングプレーキは車種によってレバー式、ペダル式、電動式とありますが、レバーとペダルの場合は、カチカチという作動音の回数よって確認します。詳しい規定値は車の取り扱い説明書を確認しておいてください。電動の場合は、オン、オフが正常に行われているかを見ておきましょう。

 


あとは、ペダル関係。アクセルペダルから足を離したとき、キチンと戻ってくるか。

ブレーキペダルをいっぱいに踏み込んだときの感触がなんだか柔らかい…や、踏み続けたときにペダルがさらに奥まで踏み込めてしまうなどの異常がないかを確認します。

ブレーキペダルを奥まで踏み、感触に異常がないか、踏み続けたときにフロアとの間にきちんと踏みしろがあるかを確認しましょう。ブレーキオイルは配管から漏れていない限り量が減ることはありませんが、ブレーキパッドやディスクローターが擦り減ってくると液面も下がります。LOWレベル以下にある場合には補充も必要ですが、ブレーキパッドやディスクローターの交換を検討する必要があります。

バルクヘッド(エンジンルームとキャビンを隔てる壁)付近にあるのがブレーキオイルのリザーバータンクなので、量が減っている場合はブレーキパッドもチェックしましょう。

ペダル関係は運転に直結する部分ですので、異常を感じたらすぐにプロの点検を受けてくださいね!

次は車外に出て、タイヤのチェック。

溝の残量だけでなく、亀裂などがないか、空気圧のチェックもしましょう。エアゲージを使って自分で計測する方法のほかに、給油時にガソリンスタンドで計測してもらうこともできます。

最後にエンジンをオン。聞き慣れないノイズが出ていないか耳を澄ませ、エンジンの調子を確かめましょう。聞き分けるのは少し難しいかもしれませんが、大きなトラブルが起きる前に音で異常に気付くことは意外にあるものです。


エンジンルームの日常点検

エンジンルームをのぞいて、エンジンオイルやブレーキオイル、クーラントの量、汚れをチェックします。

エンジンオイルはエンジン付近にあるレベルゲージを引き抜いて量と汚れの状態をチェック。正しい量を計るためにはゲージを一度ウエスでキレイに拭き取り、再び最深部まで差し込んでからオイルが付着した位置を確認します。ゲージに記された2ヵ所の印(穴や切り欠き)の間にあればOK。範囲から外れている場合には、補充などの調整が必要です。

エンジン本体やオイルの性質によって汚れ具合は全く違います。定期的に点検し、走行距離などと合わせて交換時期を判断しましょう。

ラジエターはリザーバータンク内にあるクーラントの量でチェックしますが、多くの車種はタンク本体にLOWレベルとFULLレベルを示す印が付いています(輸入車などには例外あり)。このとき間違ってもラジエター本体のキャップを開けないよう御注意ください! エンジン停止後しばらくたっていても、熱湯が噴き出してくる可能性があります。クーラントのチェックは、十分に水温が下がっていることを確認してから行いましょう。


ウォッシャー液についてはゲージのない車が多く、残量のレベルが確認できません。目視できるところまで希釈したウォッシャー液を入れてみるのが現実的な策です。

バッテリー液は外から透けて見える、各セルに入った液体の量をチェックします。

ただ密閉型バッテリーの場合には量を確認できないので、整備工場などで定期的に点検してもらうようにしましょう。

運行前に限らず日常的な点検で異常をいち早く検知

 

エンジンルームの点検と合わせ、日常的に愛車のコンディションをチェックすることで、安全&快適なドライブを楽しみましょう!

愛車の健康管理はオーナーの責務。最近の車はハイテクすぎて自分じゃ診られない…とお思いの方もいるかもしれませんが、マメな点検が欠かせないのは今も昔も変わっていません。ただし点検作業に入る前には、エンジンが停止していることを必ず確認してください。エンジンがかかったまま点検すると、ファンベルトに手を巻き込まれたり、ヤケドしたりする危険があります。

 


でも中には、メカに詳しくない方もおいでますし、メンテナンスが苦手とおっしゃる方もおいでます。

そんな方は辰口自動車販売㈱・TMコーポレーションを、あなたの愛車の主治医としてご指名ください。整備から鈑金・車に関することならなんなりとご相談ください。

保険もやってますよ~

辰口自動車販売(株)・TMコーポレーションは24時間365日お客様をサポートいたします

2018年

3月

24日

【全社】エンジンオイル交換

カー用品店やホームセンターに行けば今尚、自動車用エンジンオイルが売り場の一角を占め、オイルフィルターとフィルターレンチや、ドレンパッキン、廃油処理用品等、一般ユーザーが自分でオイル交換するために必要なものはほぼそろっています。

オイル交換くらいは自分でするというユーザーがいるということでしょう。

しかしオイルの事、あなたは把握できていますか?


適切なエンジンオイルの交換時期とは

エンジンオイルの交換時期といえば「5000kmもしくは半年に一度」というのは、一度は耳にした方も多い事と思います。

欧州車や最近のエコカーの中には1万km以上のオイル交換を謳うクルマもありますが、距離は乗らなくても熱と空気にさらされている以上、オイルの酸化は避けられないので、エンジンのためにも、交換から半年経過したら必ず交換してください。


ある欧州車では、あえてオイル消費を多くして定期的にオイルをつぎ足すように促してオイルの交換サイクルを伸ばしているという話を聞いたことがあります。「女房と畳は…」という諺がありますが、やはりエンジンオイルも新しいに越したことは無いようです。

エンジンオイルは何を選べばいい?

エンジンオイルには大きく分けて3種類あります。ガソリン車用、ディーゼル用、2スト用です。ガソリン・ディーゼル兼用となっている物もありますが、エンジンオイルはエンジンの特性や潤滑方式に合わせて設計されているため、指定以外のオイルは最悪焼き付きなどの重篤なトラブルの原因になります。必ずエンジンの形式に合わせて指定のオイルを入れてください。

エンジンオイルにはベースオイルによって鉱物油、部分合成油、化学合成油があります。単純なスペックでいえば部分合成油や化学合成油の方が高性能で価格も高くなります。エンジンオイルの性能と価格は相関関係にあると言っても間違いないでしょう。

だからといって高価なオイルを入れればいいのか、というとそういうわけでも無いようです。

オイルの価格はベースオイルと添加剤によって変わります。エンジンオイルと言ってもただの潤滑剤ではなく、さまざまな添加剤をベースオイルに混ぜることで、熱による粘度の変化を抑えたり、油膜保持能力を高めたり、ガソリン希釈へ耐性を持たせたりしているそうで、クルマによっては必ずしもハイスペックなオイルが必要というわけでもありません。

鉱物油、部分合成油、化学合成油の違い

鉱物油

ベースオイルが石油ベースのもっともベーシックなオイルです。

酸化や熱などの高負荷やガソリン希釈に弱いですが、ファミリーカー等の実用車で使用する分には十分な性能を有しています。

部分合成油

石油のベースオイルに20%以上、化学合成由来のエステル油を混ぜた物で、鉱物油が苦手とする酸化や高回転時の高負荷やガソリン希釈などに強く、ハイグレードなクルマや高速走行の多いユーザーに向いていると言われています。

化学合成油

ベースオイルが100%化学合成由来のエステル油ベースの、高級・高性能オイルです。高回転、高温時の高負荷や酸化にも強く、ガソリン希釈も少なくなります。浸透性やフラッシング性能を高めるための高級な添加剤も含まれ、プレミアム性の高さも併せ持ち、スポーツカーやレーシングカーに使われています。高性能なスポーツカーもしくはチューニングカーでもない限り、通常であれば鉱物油か、もしくはちょっと驕って部分合成油で十分でしょう。

重要なオイル粘度!

エンジオイルは10wー30が基準だそうです。

Wはウィンター(冬)を意味し数字が小さくなるほど冷間時の硬化に強くなるとのことで、10wはー25℃、5wはー30℃、0wは‐35℃まで使用可能となっています。後ろの数字は高温時の軟化に対する強さで、100℃時の粘度を表しています。この数字が小さければ柔らかく、大きければ固くなることを意味します。


最近のクルマは5w-20や0w-10といった軟らかめの番手のオイルを指定しているクルマが増えています。これはオイルが固くなるほどフリクションロスが増えるため、最近のエコカーは燃費向上の妨げになるオイルの粘性による抵抗を嫌って軟らかいオイルを指定しているのですが、燃費が良くなるからと言って指定された番手より柔らかいオイルを使う事は厳禁です。たしかに、フリクションロスも減りレスポンスも俊敏になるのですが、エコカーは各部品のクリアランスをギリギリに詰めて軟らかいオイルでも十分な潤滑性能が得られるように設計されています。指定されているオイルよりやわらかいオイルを入れると、油膜切れによるエンジンブローを起こす可能性さえあります。逆にエコカーに固めのオイルを入れると今度は燃費悪化の原因になります。必ずそのクルマにあったオイルを入れましょう。ただし気候変動が激しく、季節によってオイルの粘度に影響が出るので、季節に合わせてオイルの粘度を変えたいという地域の方の場合、氷点下で始動性が悪くなる地域なら1段まで下げる、猛暑でオイルが熱ダレするという地域の方は2段まで上げる程度が許容範囲だそうです。

愛車の指定オイルを確認してみよう


エンジンオイルの性能は値段と相関関係にあるということ自体は間違っていないでしょう。ただし闇雲に高いオイルを入れればいいというわけではありません。値段よりも粘度・グレード・スペックがオイルを入れるクルマに合っているかが重要です。軽自動車にスポーツカー用のオイルを入れても、オーバースペックどころか粘度が合わなくてかえって燃費が悪化して逆効果ということもありうるのです。

辰口自動車販売㈱・TMコーポレーションは、整備のプロばかりですから、適正なオイルをご提案します。オイル交換以外にもお車の事ならお気軽にお問合せください。

お車の主治医に辰口自動車販売㈱・TMコーポレーションをご指名ください。

辰口自動車販売(株)・TMコーポレーションは24時間365日お客様をサポートいたします